国際競争力。
We strive to be a leading and global supplier with our own and original products.
   
    1980年代中盤から加速した日本の部品産業の国際化は、価値創造型の新たなステージを迎えようとしています。すなわち、従来の自動車メーカー依存型の国 際展開から、成長源である海外市場の付加価値を、自立性を持って獲得する戦略的なステージに移行しつつあるのです。
 現在、アステアは、海外の生産拠点としてアメリカ「EWI」、タイ「アステアタイランド」、中国「A&W」、「FFMI」をはじめとする出資会 社を設立、その他にも台湾、マレーシア、韓国、メキシコなどの複数地域へ技術提携という戦略でクロスボーダーアライアンスの経験を蓄積しています。今後は パテント商品(日本・アメリカ・ドイツの特許取得)の開発をさらに推進し、生産システムだけでなく製品力でも更なる国際競争力を高め、世界市場への進出を 目指しています。世界のサプライヤーとして認知される企業になるために、アステアは、挑戦を続けます。


this page top